トップ

学校の常識を考える

学校のキホンを覚える

学校を公欠で休む場合

学校に通っている場合、関連した用事で授業を欠席しなければならない時に、公欠(こうけつ)という手段を用いることができることがあります。これは、授業を欠席したと見なされない仕組みです。大概の場合、事務室に必要な書面を提出することなどが必要になっています。また、私的な場合には適用されないことがほとんどなので、どのような場合に自分が当てはまるのかということを必ず確認するようにしておくと、後々困ることはなくなってくるでしょう。これらのことに気をつけて、学校の公欠(こうけつ)の制度をうまく活用していきましょう。

公欠(こうけつ)とは

学校における欠席の扱いとして、各学校で取り決めがあります。一般的には病気やケガなどで休む場合には欠席という扱いになります。ほかにも出席停止などはインフルエンザなどの人に感染させてしまう可能性もある病気では医師に証明を記入してもらうことになって、登校してはいけないことになっているのです。また、公欠(こうけつ)というのは外部での行事や大会などに代表として出たりする場合など、対外的な事柄に対して公に休むことができるようになるのです。この場合は通常授業自体は欠課になっても出席していることになるわけなのです。

↑PAGE TOP